体調不良

昨夜からお腹の調子が悪かった。

夜中にも何度か起きてはトイレに向かっていた。

朝になった。

やはり起きなかった。

不登校になってから、体調不良だと強く言えなくなってしまった。

以前なら、「大丈夫だから行きなさい」と言えた事も、「今の彼女には無理かな…」と考えてしまう。

「これで正解か?」自問自答する毎日。

私も一緒に深海に沈んでいく。

答え探し

6時の目覚ましがなった。

まだ起きる気配はない長女。

静かに待つ。

15分程して、階段を降りてくる音がした。

ほっとする私。

 

登校時間になる。

「お腹が痛い。」「病院に行く。」「学校は休む。」

と長女が言い出す。

今までなら、「大丈夫?」と心配しつつも、

登校する方に話を進めていく。

だけど、何だかそうするのは駄目な気がして…

「学校に行くかどうかは、自分で決めなさい。

行かなかったら、どうなるかきちんと考えた上で、

決めたのなら、それでいい。」

 

暫くして、長女「…やっぱり学校へ行く。」

 

何が正解とか、全然わからない。親だって初めてなんだ。

だから一緒に、問題を1つづつ解いていくしかない。

始業式

いよいよ当日。

 

長女、6時に起床、機嫌も悪くない。

登校時間になる。

長女が、次女に「一緒に行こう」と声をかけるが、

洗面所にいる間にさっさと行ってしまった(–;)

 

仕方なく私と一緒に学校へ向かった。

学校に着いても、車からなかなか降りない。

誰もいないタイミングで行きたいらしい。

 

10分程経過、長女「お腹が痛くなってきた…」

母「あんまり痛い時は、保健室に行きなさい!」

「行ってらっしゃい」と続けた。

長女「じゃぁ、行く」そう言って、走って行った。

母「    …    (涙) 」

 

長女の後ろ姿を見つめながら

「 頑張れ!」と心の中で叫んだ。

長い1日

昨日は、冬休み最後の1日でした。

 

長女が、「明日、行きたくないな…」と呟いた。

だけど、何も言わない。何もしない。

聞こえてる様な聞こえてない様な私。

その気持ちはよくわかる。

何ヶ月も行ってない教室にいきなり入るんだ。

だけど、明日を逃したら、また行けなくなる。

だから今日は1日、明日の事には触れず、通常運転。

 

長い長い1日。

冬休みの宿題

昨日今日と冬休みの宿題をしている長女。

不登校になってから、全く勉強してなかった事を考えると、

「3学期から出校する」と言った気持ちは、本気なんだよね。

今まで何度も「学校へ行く」と言っては、前日から用意して、

担任に連絡して、

当日になったら、やっぱり行けなくて…

 

そんな日々を繰り返し、

私も一喜一憂した。

 

でも1番辛かったのは長女。

…明後日、行けたらいいね✨