エアロビクス参戦!

今日は、市の健康運動教室に参加してきました。

5回コースのエアロビクス。

流石に平日の午後、

1番の若者が私でした( ˊᵕˋ ;)💦

久々のエアロビクスについて行けるか心配でしたが、先生が生徒の年齢や実力をきちんと把握されていて、無理のないメニューになってました。

水中ウォーキングをもくもくとするより、やっぱり音楽を聞きながら動く方が楽しかったです。

年齢の離れた方々にも仲良くして頂けて、本当に良かったぁ~(*˙˘˙*)❥❥

 

説明責任

不登校になって1番の問題は、説明責任かもしれない。

学校の担任、保健の先生、カウンセリングの先生、フリースクールの先生、ママ友、会社の同僚、じじばば。

会う度に、今の状況を聞いてくる。

アドバイスまでして下さる。

親身な方は、夜遅くにラインや電話まで。

だけど、状況はそんなに変わらない。

思い付く様な事は、半年間でだいたい試している。

…今は静かに見守っていて欲しい。

水中ウォーキング

今朝の長女は6時起き。

朝食も済ませ、登校しました。

機嫌も悪くない。5日ぶりだ。

頑張れ💪

さて、長女が登校してから、私は掃除等をぱぱっと済ませ、プールへ。

水着になる事への抵抗はあるが仕方ない。

1時間もくもくと歩く。

不思議なもので、プールの中にいると頭の中が空白になる。

子供の事、仕事の事、家の事等などいつも何が考えてしまう私が、無心になる。

ダイエット目的だけでなく、ストレス発散に続けて行こうと思ってる。

月曜日

今朝からまた1週間が始まる。

月曜日は、なかなか厳しい。

今までも登校したのは、数える程。

今朝も同様、全く起きようともしない。

学校へも連絡したが、担任も何も言わない。

月曜日は、不登校が多いらしい。

…明日は登校出来たらいいネ♪。.:*・゜

家族旅行

今週末は、家族旅行。

最近、家族での外出を拒む様になった次女。

なかなか皆で旅行出来ずにいた。

温泉に浸かって、美味しいものを食べて、お年玉で買い物。

長女の機嫌もいいし、遠出して、良かった。

日常から開放される時間。

毎朝毎朝、「今日は登校できるか否か」考える。

それだけでも、ストレスが溜まる。たまには、完全に忘れる事も必要だ。

頭の中を空っぽにして、また月曜日になったら、学校の事思い出せばいい。

私も頭の中を空っぽにしよう。

体調不良

昨夜からお腹の調子が悪かった。

夜中にも何度か起きてはトイレに向かっていた。

朝になった。

やはり起きなかった。

不登校になってから、体調不良だと強く言えなくなってしまった。

以前なら、「大丈夫だから行きなさい」と言えた事も、「今の彼女には無理かな…」と考えてしまう。

「これで正解か?」自問自答する毎日。

私も一緒に深海に沈んでいく。

先は長い

今朝は機嫌もいい。

6時に起きて、普通に次女と登校した。

昨日の長女とは、全く違う。

昨日は、ただ休み明けで眠かったから、休んだたけなのか?

それなら、ただのズル休み。

それとも、フリースクールの先生方が言う様に、心の問題があるのか。

後者の方が深刻だ。

3学期になったから…といって、

不登校が完全に終わるわけではないのだ。

まだまだ先は長い。

3連休明け

3連休が終わった。

今日からまた学校が始まる。

何度も起こしているが、まだ起きようとしない。

先生方が言う様に、

長女にとって、1週目をクリアした事で、2週目が楽になるのだろうか。

そうであって欲しい。

だけど、もし私が長女の立場なら違う。

むしろ、その逆なのだ。

我慢して我慢して、頑張って頑張って、限界に達した時、再び不登校となる。

私は、不登校ではなかった。

だけど、「学校が楽しい」なんて思った事は、1度もなかった。

ただ、親に心配かけたくない一心で、登校した。

だから、長女が不登校になった時も、違和感はなかった。

私と似てない事を心から祈ってる。

宿題なんて要らない。

長女にとって宿題は難題である。

学校に行くだけでも頑張ってるのに、

学校へ行くと「宿題」というオマケが、ついてくる。

やっと学校から帰ってきて、一段落してるのに、宿題をしないといけない。

夕飯たべて、お風呂入って、宿題したら、もう寝る時間。

遊ぶ時間なんて、ほとんどない。

そして、また朝が来る。

宿題なんて要らない。

お休み

1週目が過ぎた土曜日。

ほっと一息。

昨日、帰ってきた時の長女の第一声。

「3日間は学校の事、考えなくていいわ」

…ため息。

まだまだ気は抜けないんだネ。

早く長女の心の中の霧が、はれますように…

今日は、我が家に、次女の友達が遊びに来た。

気がついた時には、長女も一緒に遊んでた。

こんな感じで、同級生とも話せたり、笑えたらいいのにネ。